バレンタイン ばらまき用の美味しいブランドチョコとラッピング事例

ばらまきチョコ おすすめ 風物詩

バレンタインにばらまける高級チョコレートをお探しの皆様へ

  • 高級ブランド品
  • 本当に美味しいチョコレート
  • 可愛い
  • 老若男女に渡せる
  • 1人分400円程度で仕上げる!

という縛りを設けて準備した、私がおすすめしたい、バレンタインばらまきチョコについてお伝えしていきます。

なな
なな
ご興味ある方はご覧いただければと思います!
スポンサーリンク

バレンタインにばらまき用の美味しいチョコを用意したくて・・

もし・・・
自分がバレンタインのチョコレートをもらう立場だったとしたならば。

と、考えた時になんですが

あまりに高価なチョコをもらうと、なんだか気が引けるとか
「え、本命?」と勘違いしたりとかw

逆に
あまりに安物だと、なんだかやっつけ感を感じてしまって
もらったことすら忘れちゃったりとか・・

どっちかに偏ることって、どっちにしてもあまり良くないなと思うんですよね。

できればちょうど、その中間
高級と安物の良いとこ取りなチョコレートを用意できれば最高と考えた訳です。

ばらまき用なので、そもそも高価すぎるチョコは用意する気はありませんがw
チロルチョコの詰め合わせっていうのもちょっと味気ない(値段バレバレだし)ので

渡す時には、あまり大袈裟にならず

受け取る方も、気兼ねなく受け取りやすく

それでいて、ちょっとした気遣いが伝わって、本当に喜ばれる価値のあるチョコレートを用意しようと思いました。

海外ブランドの高級チョコレートですが、ばらまき用にも気兼ねなく使えるくらいリーズナブルに購入できて、超美味しいく、見た目も可愛いチョコレートです。

バレンタイン ばらまきブランド決定版!

私が今、一番のお気に入りのチョコブランドです。
リンツ リンドール

20種類以上ある豊富なフレーバー(味)が用意されたボンボンショコラです。
(フレーバーの種類はリンドールフレーバーコレクションをご確認ください。)

私自身、リンドールのチョコが好きすぎて、初めて食べた時の感動は忘れません。

何気なく包みから取り出して、口に頬張った瞬間のあまりの美味しさに、見た目はまんまるでシンプルなチョコレートなんですが、1個食べたらトリコです。

カラフルな包装紙でキャンディー包みになっているので、子供から大人まで、老若男女、誰に渡してもウケが良いのは(私の周りでですが)実証済みです。

この見た目にも鮮やかで可愛いチョコレートが1個100円弱ほどで購入できるので、特別な日のばらまき用にも手が出やすいお値段でとても良心的ですよ!

スポンサーリンク

高級チョコを一番最強のコスパで手に入れる

お近くにコストコがあれば、一番安くコスパ良くリンドールチョコが手に入ります。
(ただし、販売されているフレーバに限りがあり、原産国の違いもあります。)

コストコでは48個入りのリンドールがお値段1500円ほどなので、1粒がなんと30円ちょっとの計算になります。
これは安い・・。
コストコ近くにあるのなら利用しない手はないと思います。

高級チョコを直営店、アウトレットで手に入れる

リンツの直営店がお近くにあるのなら、リンドール全てのフレーバーが量り売りされているので、お味を相手好みにアソートしてあげることができます。
直営店情報はこちらからご確認ください。
リンツ ショップ
リンツ アウトレット

私は、足を伸ばせる範囲にリンツの店舗があるので、ついでに自分の好きな味も含めて量り売りで購入しますw

高級チョコのネット通販

コストコも、リンツの直営店も近くに無い!という場合は、ネットでも購入可能です。
取り扱いは、リンツの公式HP、ECサイト(楽天やAmazon)など。

リンツHP、楽天、アマゾンで購入できるリンドールの詰め合わせ商品にも色々あるので、お値段比較、送料、ポイントの利用など、ご自身のご都合に合うものを比較検討してみてはいかがですか。

下記に、3つのネット通販元で、リンドール100個入りのギフトボックスのお値段情報をご確認いただける様リンク貼っておきます。

リンツHP リンドール詰め合わせ情報はこちら
リンドールギフトボックス

楽天リンドール詰め合わせ情報はこちら
楽天リンドールギフトボックス

Amazonのリンドール情報はこちら
Amazonリンドールギフトボックス

バレンタイン ばらまき用のラッピング事例

カラフルなリンドールのチョコを手に入れたところで、いよいよ、ばらまき用に準備していきます。
リンドールのチョコレートは、このままのカラフルなキャンディー包みを生かして個別に渡せる様に個包装するのが一番可愛いと思ったので・・

出来上がりはこんな感じで。

ばらまきチョコ ラッピング

リンドールチョコレートを4個、透明のラッピング袋に入れて、リボンをつけて完成です。
めちゃくちゃ簡単ですが、このキャンディー包みを隠す包装をしてしまう方がもったいない気がして、あえて、見せる包装で渡します。

コーヒーブレイクや、ちょっと一息付きたい時に、びっくりするほど美味しいチョコレートをお渡しする、ほんの少しの気遣い。

リンツのリンドールは、そんなシーンを彩るのに、ベストマッチのチョコレートだと思いますよ!

スポンサーリンク
七色便り綴り人
なな

田舎生まれ、田舎育ち、関東在住
気の向くままに
明日もしかしたら誰かの役にたつかもしれないことを
色々綴っています。

特にスピリチュアルな人間ではなけど、神社を好みます。
(お手伝い程度、巫女経験あり)
神様と対話ができる方を羨ましく思う今日この頃。

ななをフォローする
風物詩
ななをフォローする
七色便り
タイトルとURLをコピーしました