出雲大社 参拝前に知っておきたい神話(国譲り物語)

オオクニヌシの国譲り 神様物語4 神社

出雲大社を訪れる際、祀られている神様のことを知っておくと参拝がもっと楽しく有意義になる“わかりやすい神話シリーズ”第四弾です。

神話シリーズ第一弾 伊勢神宮参拝前に知っておきたい神話(古事記にでてくる神様はここにいた!)

神話シリーズ第二弾 出雲大社 参拝前に知っておきたい神話(スサノオ物語)

神話シリーズ第三弾 出雲大社 参拝前に知っておきたい神話(オオクニヌシ物語)

を先にお読みいただくと、こちらの物語がより面白く理解できます。
よろしければご確認ください。

この物語は、国の発展、繁栄を大成させた出雲大社の御祭神、大国主大神さまが自分の国を争うことなく話し合いだけで譲っちゃった!?お話です。

スポンサーリンク

この国は誰のもの??

高天原にて・・(神様が住まう天界みたいな所)

アマテラスはオオクニヌシが地上に作った豊葦原とよあしはら瑞穂みずほの国を見て言いました。

アマテラス
アマテラス
あの地上にできた豊葦原とよあしはら瑞穂みずほの国は、もともと私の父、イザナギから預かった国だし。
私(の子)が治めるのがスジじゃないのかしら。

そうして、オオクニヌシが長い年月をかけて地上に作った、黄金に輝く立派な国を手に入れようと動き始めます。

アマテラスの長男(`・∀・´)ノ
では、私が必ずやあの地を治めて見せましょう!

アマテラスの長男は、我先にと地上に降りたとうとしましたが

アマテラスの長男(; ・`д・´)
・・・ちょっと、物騒な感じなのでやめときます!

と、びびって引き返してしまいました。

アマテラス
アマテラス
ええ〜〜〜!?長男のくせに情けない・・
んじゃ、次男!行ってきて!
アマテラスの次男(`・∀・´)ノ
謹んでお受けします!


~アマテラスの次男が向かってから、三年が経過し・・~

 

アマテラスの次男(*´▽`*)
いやぁ〜今年も見事な豊作ですね!!
さすがオオクニヌシ様がお作りになった国!
素晴らしいです〜!!
オオクニヌシ
オオクニヌシ
お前が来てからもう3年か~早いもんだ~わははは
ところで、お前何しにきたんだっけ?

アマテラスの次男はなんと!
オオクニヌシと話しているうちにオオクニヌシの人柄に魅かれてしまい、国を奪うどころかすっかりなついてしまっていたのでした。

アマテラス
アマテラス
っか〜〜!(#`Д´)ノ
3年も経って何やってるかと思ったら次男もダメ!??んじゃ次っ

アマテラスから次々と派遣された神々。
しかし残念ながら、オオクニヌシの国を治めることにことごとく失敗!

アマテラス
アマテラス
こうなったら最後の手段!

ここで登場するのがタケミカヅチという神様です。

スポンサーリンク

この国ちょうだい合戦!

タケミカヅチ
タケミカヅチ
アマテラス様からの命を受け、天鳥船神あめのとりふねのかみ(※船首が鳥で翼がある船のこと)に乗って参ろうぞ!天鳥船神 イメージ図イラスト
いざ!馳せ参じる!!
待っていろオオクニヌシ〜!!

雷が音を立てて鳴り響く中

タケミカヅチは出雲の稲佐の浜へやってきました。

天鳥船神降臨 稲佐の浜

タケミカヅチ
タケミカヅチ
私は、アマテラスの使いでやってきたタケミカヅチだ!
オオクニヌシ
オオクニヌシ
タケミカヅチよ、何しにやってきた!
タケミカヅチ
タケミカヅチ
この国は、アマテラスの御子が治めるべき国。
今すぐ譲ってもらおうか。
オオクニヌシ
オオクニヌシ
・・この国が欲しいのなら、私の息子達と話をつけてもらおうか。

簡単に国を渡したくはないオオクニヌシ

自分の息子たちをタケミカヅチに立ち向かわせます。

オオクニヌシの息子(兄コトシロヌシ)
(´ω`;)う・・・う〜ん
そういう事情なら、アマテラスさまに捧げます。

意外にあっさり・・

オオクニヌシ
オオクニヌシ
もう1人の息子とも話をつけてもらおうか!
オオクニヌシの息子(弟タケミナカタ)
国を乗っ取ろうって奴がいるのは本当か!?
俺は力自慢じゃ負けないぞ!力比べで勝負だ!!

弟のタケミナカタは粘った
しかし・・

タケミカヅチ
タケミカヅチ
私は剣の神だ

と、剣をふりかざします。

さらにタケミカヅチは力でも負けることはありません。

追い詰められたタケミナカタは

オオクニヌシの息子(弟タケミナカタ)
σ(≧ε≦o) 俺は父、オオクニヌシと兄の言う通りにする!
国をアマテラスさまに献上します!

と、自分の負けを認めたのでした。

完全にアマテラスが差し向けたタケミカヅチが優勢でした。

譲り渡そう 我が国を!

タケミカヅチはオオクニヌシに言いました。

タケミカヅチ
タケミカヅチ
オオクニヌシよ、そなたの息子2人と話はついた。
2人とも国をアマテラスさまに捧げるとのことだが・・
お前はどうなんだ?

オオクニヌシは考えました。

オオクニヌシ
オオクニヌシ
・・・息子達の言う通りにしよう。
ただし、私にもアマテラスが住んでいる様な光り輝く神殿を造って欲しい。

オオクニヌシの国譲り

こうして、オオクニヌシは
アマテラスに自分が造った国を、血を流す様な戦いをすることなく譲り渡すことに決めたのでした。

戦争なくして国をあげてしまう!歴史上類を見ないオオクニヌシの国譲りの物語。

このあと、アマテラスの孫神であるニニギがこの地を治めることになるのでした。

国譲りの話し合いが行われたのはここ!

オオクニヌシが話し合いにて、国を譲ることを決意した場所が出雲に残っています。

出雲 屏風岩 国譲りの地

国を造った大国主命オオクニヌシノミコトと高天原から派遣されてきた武甕槌神タケミカヅチノカミは、この岩陰で話し合いをされました。

大国主命は「和を尊し」とする心を持ち、争いを起こさずして話し合いにて国を天照大御神にお譲りになりました。

平和の象徴とも言える、オオクニヌシ。
その大らかな人柄(神柄?)があったからこそ紡がれている、平和な現代に感謝致します!

↓国譲りの話し合いをする神々の様子
出雲 国譲り話し合い

スポンサーリンク
七色便り綴り人
なな

田舎生まれ、田舎育ち、関東在住
気の向くままに
明日もしかしたら誰かの役にたつかもしれないことを
色々綴っています。

特にスピリチュアルな人間ではなけど、神社を好みます。
(お手伝い程度、巫女経験あり)
神様と対話ができる方を羨ましく思う今日この頃。

ななをフォローする
神社
ななをフォローする
七色便り

コメント

タイトルとURLをコピーしました