お正月 初詣はなぜ?何のために?行く理由と目的について(私見あり)

初詣参拝 なんで行く? 風物詩
疑問の声
疑問の声
初詣に誘われたんだけど、実は気乗りしないんだ。
だって、寒いし人込み苦手だし・・(おまけに無宗教)
お正月に初詣って、みんな何のために行くのかな?
なな
なな
何のために初詣に行くか?
願掛けとか、神様に挨拶とかじゃないかな。
疑問の声
疑問の声
でもね、わざわざお正月じゃなくても
いつ行ってもいいんじゃないの?あったかくなってからとかさぁ?
なな
なな
・・んー確かに・・
この記事では
お正月に初詣に行く目的、何のために行くのかを調べた結果と、初詣に行く理由を私見を含めつつお伝えしていきます。
スポンサーリンク

お正月に初詣 なぜ?

お正月には新年の神様がやってくる、というのはご存知でしょうか?
新年の神様はあなたの住むご自宅に、そして神社やお寺にやってきます。

自宅にやってくる神様は年(歳)神様としがみさま
神社にやってくる神様は氏神様うじがみさま
といい、それぞれが役割の違う神様なのです。

なな
なな
家に来るのが年神様で、神社に来るのが氏神様・・どうちがうの?

神様に直接役割を聞いてみましょう!

年神様
年神様
やぁ、年神です。
私はあなたの家に行き、あなたの新しく始まった1年を守る神様です。
なんでピンポイントで個人宅に行くのかって?
まぁ、先祖なんでね、当然のことでしょう。
氏神様
氏神様
どうも、氏神です。
私はその土地や、土地に住む人々を守る役割がある神です。
土地に宿ってみなさんをお守りしてるんですよ。

お正月にやってくる神様について、そうとわかれば初詣に参拝に出かける意味が少し見えてきました。

初詣 何のために行くの?

我々が住む土地を守り、我々自身をも守って下さっている氏神様。

初詣に神社に参拝に出かけることは、氏神様へ昨年の感謝をお伝えし、新たな1年の無事を願うご挨拶をするということだったのです。

なな
なな
初詣って、そういう事だったんだ。
私は神様に「新たな1年を頑張る宣言をする!」みたいな一つの区切りとして、参拝に行ってたんだけど。
これからは、もっと地域を守って下さっていること、私たちをお守りいただけたことにも感謝を伝えます!

土地をお守りくださる氏神様は、お正月にだけ神社に来られます。
氏神様にご挨拶ができる特別な期間として、お正月にはぜひ氏神神社を詣でましょう。

氏神様は土地を守る神様ということで、お住まいの住所によって変わります。
ご自身の氏神神社がどこなのか調べたい場合はこちらの記事をご覧ください。(初詣 神社の氏神様にお参りに行こう!氏神神社の調べ方
スポンサーリンク

初詣 行く理由(私見)

なな
なな
ここからは私が個人的に、初詣に行きたい理由です。

神社へ参拝に行くなら、お正月でなくても神様にご挨拶できるというのはその通りでしょうが、初詣ならでは!という参拝の楽しみってありますよね。

何でもない日常の中で神社を参拝するのと、お正月に初詣に出向いたときの違いから
「初詣に行きたいな」と思う私見をお話します。

縁起物

お正月ならではの特別な授与品があります。
魔を払うための破魔矢や、運をかき集める熊手など、縁起物を授与いただけるのはお正月、初詣ならではです!

なな
なな
こんなかわいい縁起物の手のひらサイズのだるまさんもあったり・・
幸福だるま
『幸』『福』だるま だそうです。

通常では手に入らない、縁起物で新年を気持ちよくスタートさせることができます。

ふるまい〇〇

ふるまい〇〇をやっている神社があります。

なな
なな
ふるまい〇〇とは・・
ふるまい樽酒
ふるまい甘酒
ふるまい福茶
ふるまいおしるこ、などです!

各神社でそれぞれ違うのですが、ふるまいをいただける場合があります。
参拝の後には、ふるまいも一緒にいただいて福を取り入れてはいかがですか?

屋台や露店の出店

初詣は人が大勢集まることから、屋台や露店が出店されている所があります。

なな
なな
浅草の浅草寺に初詣に参拝に行ったことがありますが
屋台の出店の数が200店舗を超えるそうで、ものすごいことになっていましたよ!

参拝を済ませた後に、この屋台が楽しみ!という方も多いんだとか。
普段の神社参拝とは全く異なる、活気づいたお祭りの様な雰囲気も味わえます。

初詣に行く理由について さいごに・・

神様へのご挨拶は、強制ではありません。
考え方は人それぞれです。

仕事の都合など、期間中に初詣の参拝が難しいという方
寒さや人混みが苦手で、初詣は控えているという方
お子さんがまだ小さくて、外を出歩けないという方
体調不良になってしまったという方 など
初詣に参拝に行きたいけど、行けないなという場合もあると思います。

ご自身にあった素晴らしい新年をスタートすることができれば「それが一番だ」
そんな風に、きっと神様なら見守られているのではないかと思います。

スポンサーリンク
七色便り綴り人
なな

田舎生まれ、田舎育ち、関東在住
気の向くままに
明日もしかしたら誰かの役にたつかもしれないことを
色々綴っています。

特にスピリチュアルな人間ではなけど、神社を好みます。
(お手伝い程度、巫女経験あり)
神様と対話ができる方を羨ましく思う今日この頃。

ななをフォローする
風物詩
ななをフォローする
七色便り

コメント

タイトルとURLをコピーしました