島根の名物グルメ 出雲大社に行くなら知っておきたい海鮮やスイーツって?

出雲大社 島根県 グルメ グルメ

出雲大社に行こうと決めたら、調べておかなくてはならないことの一つには

なな
なな
旅先での名物グルメがあります。

非日常を味わえる旅行の楽しみの一つとして、その場所でしか食べられない特別な郷土料理や名物グルメをいただいて、旅行に美味しい思い出を増やしたり。
普段味わえないものとの出会いが旅の醍醐味のひとつだったりしませんか。

この記事では
私が出雲大社に参拝の旅行に行った時に食べた名物グルメについて。
島根のしじみ、出雲そば、出雲ぜんざい、海鮮グルメスポットを(店舗の地図付き)お伝えします。
スポンサーリンク

島根の名物グルメって何?

出雲大社の参拝の為、島根県に初めて行くことになった私がネットで調べていた島根グルメ。

  • しまね和牛
  • 出雲そば
  • 出雲ぜんざい
  • ドジョウ
  • しじみ
  • のどぐろ
  • 芋煮
  • 松葉ガニ
  • うずめ飯
  • ぼてぼて茶
なな
なな
うずめ飯?ぼてぼて茶?不思議な名前!

はじめて耳にする名前の郷土料理もありますね。

島根に行ったことのある人に話を聞いてみると
「島根のしじみは名物だから食べておきな」とアドバイスをいただいて。

それではまず島根のしじみ名物料理を食べようと、訪れたお店は

こ根っこや

こちらのお店にはランチの時間帯に訪れたので、リーズナブルに島根の海鮮グルメを堪能することができました。

島根ランチ おすすめ こ根っこや

ランチメニューに添えられているお味噌汁はプラス100円すると“しじみのお味噌汁”に変更が可能と伺って、迷うことなくしじみのお味噌汁に変えてもらいました。

さらに

なな
なな
島根で、このしじみ名物料理が食べたかったからここに来たんです!

というメニューがありまして。

島根グルメ おすすめ しじみの酒蒸ししじみの酒蒸しです。

おおぶりのしじみが美味しいです!

どれくらいの大きさかというと・・・

島根おすすめグルメ しじみ 大きさ

小さい方がお味噌汁に入っていたしじみ
大きい方が酒蒸しのしじみ

なな
なな
しじみの大きさにはこれくらいの違いがありました。

そして、こちらのしじみの酒蒸しのお出汁だしの旨みたるや・・

なな
なな
一口いただくたびに体が喜んでいるのがわかる美味しさです。
島根の名物料理、しじみを美味しくいただいてきました!

島根グルメは出雲大社の周りにも豊富

今回の旅行のメインは出雲隊社の参拝ということもあり、出雲大社周辺のグルメも調べました。

  • 出雲そば
  • 出雲ぜんざい
  • お福焼き
  • 三瓶バーガー
  • 出雲そばおやき
  • のどぐろの串焼き
  • うず煮
  • 大社焼きそば
なな
なな
大社焼きそば・・出雲のご当地グルメですね。
こういうのも気になる・・

さすがは出雲大社。
参拝や観光で訪れる多くの人を喜ばせる数々の出雲大社名物があります。

全部気になるところですが、全ての出雲大社のおすすめグルメを制覇するほど滞在時間は長く取っていないですし、胃の容量には限りがあるので・・
出雲大社の参拝後に厳選していただいてきました。

やっぱり外せないのは

なな
なな
出雲そばじゃない?
日本三大蕎麦の一つだっていうし。

出雲のおソバってちょっと特殊な食べ方だというのも興味があって、これは食べておきたい出雲大社グルメの一つでした。

丸い器にソバを盛り、3段(〜5段など)で提供されますので、それぞれの薬味による味の変化や蕎麦本来の風味を味わっていただきます。

出雲そば 割子そば 食べ方 イラスト出典:たまきHPより

出雲の割子そばの食べ方は
1段目に好みの薬味を適量乗せ、出汁つゆを直接器に流していただいたのち
1段目が食べ終わったら残った出汁つゆを2段目の器に移し、つゆが足りなければ継ぎ足して2段目をいただいていく。

この様にして、一つの器から一つの器へとつゆを移動させながら食べていくスタイルです。

出雲大社参拝の後、私が訪れた出雲そばのお店は

出雲そば田中屋

出雲大社の正門から見える位置にある行列のできるおそば屋さんで、島根グルメの出雲そばを堪能することにしました。

出雲大社付近グルメ 出雲そば 割子そば

出雲大社の参拝を終え、13時半くらいに行ったんですが20分ほど外で並んでからの入店となりました。

なな
なな
神様の国、出雲の澄んだ空気や水からできているお蕎麦は格別です!

こちらの田中屋さんでは、蕎麦ぜんざいも提供されているので
出雲グルメのお蕎麦とぜんざい両方を一気に味わうことも可能です。

スポンサーリンク

出雲大社付近で名物グルメをお探しの場合は、正門の前にご縁横丁
があり、ここに立ち寄ればお土産の購入や出雲グルメの数々を見て回ることができます。

先ほど、お蕎麦を食べた田中屋さんから、ものの20歩ほどの距離のところにあるご縁横丁。
もちろん見ちゃいまして、色々。
甘いものは別腹だとか、ちょっと食後のコーヒーを飲みたいとかなんくせつけてw
「今、テーブル一つ空いてるから!床暖入ってるし、温まって行って〜」
という店員さんの優しい声かけにも乗せられちゃったりしてw

出雲ぜんざい餅屋さんに入り、お座敷に上がらせていただきました。
もちろん、いただいたのは出雲ぜんざいです。

出雲大社周辺グルメ 出雲ぜんざい

なな
なな
ついさっき出雲そばを食べたばかりなんですけど、意外とペロリと入っちゃうんです。

やわらかな白玉入りの甘い出雲ぜんざい。
五円(ご縁)玉入りのポチ袋と、おみくじ付きでした。

出雲大社付近には、出雲ぜんざいがいただけるお店がたくさんあります。
ぜんざいが食べられるお店についてはこちら↓
出雲大社名物ぜんざい 大社付近でおすすめのお店や老舗の味について
をご確認ください。

島根グルメは海鮮にハズレが無い!!

島根グルメの中で一番期待していたのは、やはり海産物。
日本海に面した島根でいただける新鮮な魚介に胸を踊らせて、私が選んだのは

なな
なな
海鮮料理に定評のある民宿です。

海鮮民宿ことぶき荘

この際なのですが、海鮮をお酒なんかと共に大いに楽しんだ後、移動なくしてすぐ寝れる!みたいなプランにすれば、わざわざ美味しい海鮮のお店を探す手間が無くていいのではないかと。
こちらの民宿に夕飯と朝食が付くプランで2泊しました。

旅館なので、メニューを選ぶということはないのですが
夕食には

  • お刺身の豪華盛り合わせ
  • 海鮮鍋物
  • 海鮮和え物
  • 海鮮揚げ物
  • 海鮮焼き物
  • 海鮮煮物
  • 海鮮酢の物
  • お漬物

などなど・・・

島根グルメ 海鮮 刺身の盛り合わせ

島根グルメ海鮮 カサゴの唐揚げ
のどぐろのお造り
ブリしゃぶ
あんこうの唐揚げ
めかぶの素揚げ
あれや、これや・・・

なな
なな
海産物がフルコースでどんどん出てくるんです。

こちらの旅館では、ワカメなどの養殖もしていて(目の前が日本海なので)
「東京の銀座に卸してるよ、銀座だといくらで売ってるんだろうね〜ワハハハ」
とおっしゃってましたが

たしかに、東京の銀座にある高級料亭で食べたらとんでもない金額になるであろう海鮮のフルコースが

なな
なな
もうお腹いっぱいで食べられないです〜

と言っても
「ちょっと待って、これも食べな」
と、おそらくサービスなんじゃないだろうか?と思うのですが
どさっとテーブルに出してくれる。

なな
なな
実家か!!?

と思わずツッコミを入れたくなる始末w

島根で海鮮を食べたいのであれば、ここで十分すぎるほど味わうことができました。
まだ宿泊先が決まっていなくて、新鮮なお魚がたらふく食べたい方にはおすすめだと思います。

島根の名物グルメを堪能してきて さいごに・・

この記事で紹介したお店の場所の地図を付けておきます。
よろしければご確認ください。

島根には海があり、山があり、水が綺麗で空気も澄んでいて
ここへ来て、ふと思ったのが

なな
なな
美味しいお店を求めて探す行為自体がなんだかヤボな気がする

ということでした。

何を食べても美味しいんです。
それに、どのお店の店員さんも、宿の方もみんな気さくで“人”が暖かい。

私は現在、東京在住なので

多すぎるお店や情報の中から
「損をしたくない」とか
「ハズレをひきたくない」
「ぼったくられたくない」みたいな感情を持って一生懸命

なな
なな
美味しいお店はどこ?評価が高いのはどこ?

と、探す傾向にあったなと気づかされました。

島根の地元の人がオススメするんです
「これ、美味しいから食べてきな」と。

で、本当に美味しい。

ネットで事前に調べて、たどり着いたお店ももちろんありましたが
旅の道中、突然気になってしまったお店などは
ネットで評価されていなかったとしても、びっくりするほど美味しいものが食べられたりします。

出会いや縁を結ぶ神様がいらっしゃる出雲で、いきあたりばったりの素敵なグルメとの出会いを楽しむのもまたいいのかもしれないなと、感慨深い旅になりました。

なな
なな
また、出雲に行って
たくさんの美味しいものと出会いたいです!
スポンサーリンク
七色便り綴り人
なな

田舎生まれ、田舎育ち、関東在住
気の向くままに
明日もしかしたら誰かの役にたつかもしれないことを
色々綴っています。

特にスピリチュアルな人間ではなけど、神社を好みます。
(お手伝い程度、巫女経験あり)
神様と対話ができる方を羨ましく思う今日この頃。

ななをフォローする
グルメ
ななをフォローする
七色便り

コメント

タイトルとURLをコピーしました