出雲大社名物ぜんざい 大社付近でおすすめのお店や老舗の味について

出雲大社周辺グルメ 出雲ぜんざい グルメ

出雲大社に参拝に訪れる多くの人が口にすると言われる、出雲を代表するスイーツが出雲ぜんざい。

なな
なな
私も出雲大社に初めて参拝に行ったとき、出雲ぜんざいは必ず食べようと決めてました!

出雲はぜんざい発祥の地とされ、長きにわたって愛されている出雲の名物グルメ。
ですが、出雲でぜんざいを食べる様になった由来や歴史についてご存知の方は少ないかもしれません。

なな
なな
私も出雲ぜんざいの由来については全く知りません。
ちょっと調べてみることにしましょう!
この記事では
出雲ぜんざいの歴史について(ちょっとふれて)、出雲大社付近で食べられる出雲ぜんざいの店舗や、変わり種ぜんざいメニューがあるお話。
また、昔作られていた当時の出雲ぜんざいの特徴と、歴史を感じるぜんざいが食べられる老舗をみつけたお話をしていきます。
スポンサーリンク

出雲大社の名物ぜんざいについて

なな
なな
出雲は「ぜんざい発祥の地」なんだそうで
(それすら知らなかった~)
出雲はぜんざいがなぜ食べられるようになったんでしょうね?

出雲でぜんざいを食べるようになった由来は、出雲地方特有のもの。
簡単にその歴史を見ていきましょう。

~出雲ぜんざいの歴史~

出雲は旧暦の10月に、日本各地から神々が集まります。
この時、出雲は神在祭かみありさいという神事が行われます。

なな
なな
10月って、別名神無月かんなづき(神がいない月)って言うけど
出雲だけは10月の事を神在月かみありつきと言うって聞いたことがありますね!

出雲で行われるこの神在月のお祭りの際に【神在餅じんざいもち】が振舞われました。
この【神在餅】のじんざいが出雲地方特有のなまり、ズーズー弁により
じんざい→ずんざい→ぜんざい
と呼ばれるようになったとされています。

なな
なな
ナマりで“ぜんざい”にw

また、10月31日は【ぜんざいの日】と制定もされました。
1031ぜんざいの日という語呂合わせで
日本記念日協会により認定を受け、登録されています。

 

なな
なな
ちょうど神在月の10月ですし、覚えやすいですね!

出雲大社付近でおすすめのお店 アレコレ

出雲大社の参拝者を癒す甘味、出雲ぜんざい。
その多くは、やはり出雲大社付近で食べられています。

出雲ぜんざいのお店は正門の前や、神門通りの中などに複数あります。

出雲ぜんざい そばぜんざい 田中屋出典:食べログ そば処 田中屋

【ご縁そばぜんざい】(そば処 田中屋)

そば処でいただける出雲ぜんざいは、そば粉が練り込まれた白玉が特徴で、ハートに形どられた白玉が入っています。
ご縁の神様にあやかって良いご縁がありそうな、見た目にもかわいらしい出雲ぜんざいです。

出雲ぜんざい イラスト

ご縁横丁 出雲大社近く 出雲ぜんざい出典:食べログ ご縁横丁 出雲ぜんざい餅

【出雲ぜんざい】(ご縁横丁 出雲ぜんざい餅)

縁起が良いとされる、紅白の白玉入りの出雲ぜんざい。
出雲ぜんざいと言えばコレというほど、ポピュラーなぜんざい。

出雲ぜんざい イラスト

出雲ぜんざい おくに茶や 抹茶ぜんざい出典:食べログ おくに茶屋

【抹茶ぜんざい】(おくに茶屋)

美しい緑が鮮やかなお抹茶のぜんざい。
甘く炊いた小豆と香ばしく焼き色の付いたお餅が2つ入っています。

出雲ぜんざい イラスト

出雲ぜんざい 甘右衛門出典:食べログ くつろぎ和かふぇ 甘右衛門

【愛守大福ぜんざい】(くつろぎ和かふぇ 甘右衛門)

出雲大社を象徴する神様(だいこくさま)の形の最中、雪見だいふく、ハート型の金箔が散らされた見るも楽しいぜんざいです。

出雲ぜんざい イラスト

出雲ぜんざい 大社門前いづも屋 焼きもち出典:食べログ 大社門前いづも屋

【出雲ぜんざい】(大社門前いずも屋)

香ばしく焼きあげたお餅が2つ入ったぜんざい。
お餅に使われているのは仁多米(島根産の特Aブランド米)で弾力があり、噛めば噛むほど甘みを感じます。

出雲ぜんざい イラスト

日本ぜんざい学会 出雲ぜんざい
日本ぜんざい学会 縁結びぜんざい出典:食べログ 日本ぜんざい学会1号店

【出雲ぜんざい・縁結びぜんざい】(日本ぜんざい学会1号店)

大粒の大納言を味わえる、白玉入りの出雲ぜんざい。
また、縁結びぜんざいは『“ヤキモチ”を焼くほど仲がいい』ということから、“焼き餅”入りなのだとか。

出雲ぜんざい イラスト

出雲ぜんざい ぜんざいロール カフェ ポンム・ベエル出典:食べログ カフェ ポンム・ベエル

【ぜんざいロール】(カフェポンム・ベエル)

洋食屋さんでいただけるぜんざいは、大納言や求肥、生クリームを巻いた出雲ぜんざいにちなんだロールケーキです。(1日30個限定)

スポンサーリンク

これらの出雲ぜんざいを提供しているお店がこちらです。

なな
なな
白玉入りのぜんざい、焼き餅入りのぜんざい、雪見だいふく入りのぜんざい、そば粉を使ったぜんざいや、ぜんざいをロールケーキにしちゃった変わり種もありますね。
どの出雲ぜんざいも美味しそう!

出雲ぜんざいの老舗発見!本当の出雲ぜんざいの味とは?

色々な出雲ぜんざいがあることがわかりましたが、出雲でぜんざいが食べられるようになった当初のお味ってどんなだったか、気になりませんか?

なな
なな
ぜんざい発祥の地で、昔に作られていた出雲ぜんざいって・・・今と違うの?

昔ながらの出雲ぜんざいについて、地元の方から教えて頂くことができました。

「本来(昔ながら)の出雲ぜんざいの特徴は、粒餡で、白玉団子が入っていて、塩がきいているんだよ。
今でこそ焼き餅が入ってるものもあるし、お砂糖で甘く作らる様になったけど、昔は餅は高価だったから白玉粉を捏ねて白玉団子を入れるしかなかったし、砂糖も高価で多くは使えなかった。
だから、砂糖と塩を混ぜて作っていたんだよ。」
なな
なな
砂糖と塩を混ぜて作ったぜんざい・・・

私はこの話を聞いたときは、すでに出雲ぜんざいをご縁横丁のお店で食べてきた後だったので

なな
なな
さっき食べた出雲ぜんざいは甘かったから
お砂糖を手に入れるのに困る時代じゃないし、“今”のぜんざいの味だったんだね。

ということがわかりました。

昔のぜんざいはこうだった、というお話を聞いてしまうと
その当時のぜんざいを食べてみたくなりまして

昔ながらの出雲ぜんざいを提供しているお店に行って食べてきました!

出雲ぜんざい 老舗 園山商店

なな
なな
え!?まったく別物!!
昔ながらの出雲ぜんざい美味しい!!!!!

まるで、塩をかけたら甘く感じるスイカみたいな?
小豆の味もひときわ感じるぜんざいでした。

お店の方のお話によると、十勝産小豆をじっくりコトコト煮込んで作ってらっしゃるんだそうです。白玉団子も、もちろん手作り。
時間をかけて丁寧に作られている出雲ぜんざいの塩加減は絶妙で良い塩梅です。

この、昔ながらの出雲ぜんざいが頂けるのは
こちらです↓

なな
なな
ローカルすぎて、Googleマップでは【定食屋】としか出ていませんが【園山商店】です。

出雲大社からは離れているのですが、日御碕神社のすぐ手前にあります。
日御碕神社へ参拝される場合は、昔ながらの出雲ぜんざいを頂いてみてはいかがですか?

出雲名物のぜんざいについて さいごに・・

なな
なな
現在の出雲ぜんざいは、お店によって色々オリジナリティがありますね。

香ばしい焦げ目のついた焼き餅が入っていたり
神様をモチーフにした最中が入っていたり
白玉をハート型にして縁結びを意識したり
ケーキになったり
時代に合わせた形で変化をしてきたのだと思います。

出雲ぜんざいの歴史をさぐってみると、そのレシピ(材料)の違いから
砂糖やお米が今は豊富にあることに感謝ができたり、塩のありがたみもわかりますね。

なな
なな
出雲ぜんざいの歴史や昔ながらのレシピを知ることによって、なにげなく食べいる普段の食事もきちんと感謝をしていただかなきゃな!と思うようになりました。
スポンサーリンク
七色便り綴り人
なな

田舎生まれ、田舎育ち、関東在住
気の向くままに
明日もしかしたら誰かの役にたつかもしれないことを
色々綴っています。

特にスピリチュアルな人間ではなけど、神社を好みます。
(お手伝い程度、巫女経験あり)
神様と対話ができる方を羨ましく思う今日この頃。

ななをフォローする
グルメ
ななをフォローする
七色便り

コメント

タイトルとURLをコピーしました