紫外線が目から入って日焼けする!なぜ影響が肌に?悪影響を防ぐ予備知識

紫外線 目 美白  生活

夏が近づくにつれて、どんどん強くなっていく日差し。
美白でいたいなら日焼けを避けることが何より重要!紫外線に当たらないことが絶対条件!と体(特に顔)にたっぷり日焼け止めクリームを塗っていましたが

なな
なな
目から入った紫外線で肌が黒くなると聞いて、なんでなんだろうと・・気になったので調べることにしました。
この記事では
肌を焼きたくなくて日焼け止めクリームはバッチリ塗っていても“目から入る紫外線”のケアを行わないと日焼けする原因、紫外線が肌に与える影響の基礎知識を知って、正しい日焼け対策を考えていきます。
スポンサーリンク

紫外線は目に入ると日焼けする

日焼け止めクリームを外出前に体中に塗りたくる。
日焼けしたくない、美白、美肌を目指す方なら誰もがやっていることですが、目のケアってきちんとされていますか?

なな
なな
私は、視力がもともと良い方なのでメガネをかける習慣もないし
サングラスは苦手で、目の紫外線ケアは何もしていませんでした。

紫外線が目から入ると肌が黒くなる一因となると知ると、肌を焼きたくないのであれば目も紫外線からガードしてあげることも必要だよなと思ってはみたものの

なな
なな
目から入った紫外線ってそんなに肌にも影響出るの?
別に大したことないんじゃ・・

と甘くみていて

顔や体は日焼け止めクリームをしっかり塗っているにも関わらず、どうも肌が黒くなってきた様な気がする、くすんでいる様な気がする、シミ、そばかすが濃くなってる気がする・・

なな
なな
これって目から受けてる紫外線が関係してるのかな?
ということで、目から入る紫外線についてちゃんと対策することを考える様になりました。

そもそも紫外線って何よ?

まずは、紫外線についてちゃんと知っておこうと思って調べました。

紫外線とは太陽から出る光の中の一種で、波長の長さにより赤外線、可視光線、紫外線という3つに分けることができます。

太陽光 イメージ図

UVと表現される紫外線はさらに3つのパターン(UV-A・B・C )に分かれます。

<UV-A>
紫外線の中では人体に与える影響は少なめです。
(長時間浴びると肌にダメージがたまるので注意が必要)

肌表皮から真皮にまで到達し、からだを守ろうとするメラニンの生成により肌が黒くなります。

<UV-B>
紫外線の中でも人体に与える影響が一番大きく
(短時間浴びただけで炎症を起こす)

1日中外にいる様なスポーツ、レジャーで起こるヒリヒリする日焼けの原因となります。
(肌が赤くなる、火照った状態になるなど)

メラニンの生成が活性するほかに、肌細胞を傷つけるなど肌のコンディションに影響を与えます。

<UV-C>
人体にとって最も有害で
(ただし、地表にまでは届かないとされている)

今後、オゾン層の破壊により地表にまで達する可能性が懸念されています。

なぜ紫外線が目に入ると肌が黒くなるの?

肌が直接紫外線を受けたわけじゃないのに(きちんと日焼け止めでケアしていたのに)目から入った紫外線で肌に影響が出るのは、目から取り込んだ紫外線を脳が察知して防御反応を起こすためです。
脳が『おいおい、紫外線浴びてるじゃないか!からだを守るためのメラニン色素を作れ』という指令を出し、皮膚が黒くなる原因を作ります。

どれだけ皮膚表面に日焼け止めクリームを塗って、焼けない様にと保護したと思っていても
メラニン色素の生成を促す根源に働きかけなければ、せっかく塗った日焼け止めクリームの意味すらない!?ということになりかねません。

スポンサーリンク
なな
なな
日焼け止めを塗っても肌が黒くなるのは、日焼け止めクリームが悪い(透過しちゃってる)のかと思って、効果が高そうなクリームを探して色々試したりしたことがありました。

私と同じように

・効き目の高い日焼け止めクリームを探してしまう
・クリームの塗り直しをこまめにやっていても日焼けする

という方の場合、目から入る紫外線について対策を考えることも大事じゃないかと思いました。

紫外線による肌への影響とは

紫外線は長時間肌に浴び続けると、肌が黒くなる、シミやソバカスが増える、濃くなるなど美白、美肌を目指す者にとっては大敵であることが 容易に想像がつきます。

さらに言うと、肌老化の原因の80%が紫外線によるものなので、実際の年齢よりもどれだけ紫外線によるダメージを受けてしまったかが老け顔に影響するとも言えるのだそうで

なな
なな
アンチエイジングには紫外線が大敵ですね!

目にうけた紫外線の影響は肌トラブル以外にも

目から受けてしまった紫外線が、直接的に目に与える影響もさらに危険です。

角膜表面が傷つく様なダメージによる角膜炎、雪目
ダメージの蓄積による白内障の危険性など危険視されています。

  • 強い痛みや充血が現れる
  • 目の細胞が破壊される
  • 物が二重に見える様になる
  • 物がかすんで見える様になる
  • やたらと眩しく感じるようになる

という様な、日常生活において悪影響をおよぼすことがあります。

なな
なな
紫外線による目に起こるトラブルは、肌トラブル以上に危険なことですね。

紫外線が目にあたえる悪影響を避けよう

紫外線は日焼けして肌トラブルを起こしたり、肌老化を促進させたり、目の炎症を起こしたりと体にとってあまり良いものではないことがわかりました。

が、全部が全部「紫外線は有害だ!」と決めつけてはいけません。

紫外線が体に与える良い影響だって実はあるんです。
人が生命を維持するために必要な栄養素を作り出します。
紫外線によって作り出される栄養素、ビタミンDは骨や歯を形成します。
骨粗しょう症予防や免疫系にも影響がある栄養素なので、紫外線を100%悪者にはできません。

ただし、紫外線によるビタミンDの生成は皮膚で行われるため、目に紫外線を受ける必要はないのです。

目は実は、肌よりも優先して紫外線から守りたい場所だということでした。

なな
なな
今まで肌を気にするあまり、直接的な肌ばかりに気を取られてたけど、目を紫外線から守ることもしっかり考えたいと思います。

紫外線から目を守る為に日焼け止めクリームは塗ることができないので、間接的に有効なのがUVカットメガネです。

普段コンタクトレンズをされている方の場合は、UVカット効果のあるコンタクトに替えることを考えてもいいと思います。

なな
なな
私は、普段視力が良いのでメガネをかけたことないんですけど
紫外線から目を守る為にもUVカットメガネ使おうと思いました。

紫外線が目に入って日焼けを起こすことについて

よく若いころ真っ黒に日焼けしていたという方が、歳を重ねてシミに悩まされると聞きますが、これは紫外線のダメージは“蓄積していくもの”だからです。

肌を焼きたくない、美白でいたい、シミそばかすを何とかしたいのなら日焼け止めクリームを普段から塗るという肌ケア以外にも、目から取り込んでしまう紫外線の対策について考える必要があります。

目にとって紫外線は一切必要のないもの。
肌の為にも、目から入る紫外線のケアを積極的にやろうと思いました。

なな
なな
まずはUVカットメガネ選びから始めたいと思います!
スポンサーリンク
七色便り綴り人
なな

田舎生まれ、田舎育ち、関東在住
気の向くままに
明日もしかしたら誰かの役にたつかもしれないことを
色々綴っています。

特にスピリチュアルな人間ではなけど、神社を好みます。
(お手伝い程度、巫女経験あり)
神様と対話ができる方を羨ましく思う今日この頃。

ななをフォローする
生活
ななをフォローする
七色便り

コメント

タイトルとURLをコピーしました