キューティクルオイルの使い方 べたつかない方法は?一日何回塗るの?

キューティクルオイル ベタベタしない塗り方 コンプレックス

キューティクルオイルを使って指先のケアを始める様になって、困っていたことが一つだけありました。

それは

なな
なな
ベタベタする・・

そりゃ、オイルを指先に塗るのでベタついて当然なんですが
キューティクルオイルを塗った後は、何かに触ることが一切できません。

スマホも、本も、服も、オイルが付いた手で触れるとギトギトの油が付いてしまいます。
キューティクルオイルを塗ってしまうと行動が制限されてしまう!というストレスがあり

なな
なな
どうにかならないのかな?

と調べてみることにしました。

この記事では
キューティクルオイルを正しく塗れば、実は一切ベタつかない!
塗った直後からどんな作業もできちゃう一瞬にしてサラッとさせる方法。
また、爪を健康に育てる為に必要な1日に塗る理想の回数をお伝えしていきます。
スポンサーリンク

キューティクルオイルの使い方

キューティクルオイルを使って指先ケアをされているみなさんは、どんな風にオイルをつけていますか?
乾燥が気になった時、手を洗った後、テレビを見ながら指先のマッサージ、寝る前のケアなど
きっとそれぞれのタイミングで塗ってらっしゃるのではないかと思います。

なな
なな
私は、というと・・

日中は、ダイソーのキューティクルオイルをササっと塗り、その後にワセリンを少量擦り込んで手をこすり合わせる(そうしているうちに、手に馴染んでべたつかなくなってくる)

夜の寝る前には、スペシャルケアとしてOPIプロスパのキューティクルオイル(ネイリストおすすめのキューティクルオイルです)を指先に付けて、少なくても10分、多ければ20分近く指先をマッサージする・・
(ベタつきが納まるまでこねくり回しているイメージw)

という感じでした。

でも、どう考えても・・
オイルを塗った後のベタつき時間が長すぎることが気になり始めてしまいまして・・
いくら指先のケアをしたい、乾燥をなんとかしたいとはいえ、これはあまりにも時間かかりすぎやしないか??
と、なんだか塗るのがちょっと嫌になってくる始末で。

なな
なな
キューティクルオイルを塗った後に拭き取りとかするのかな?
いやいや、それってなんかもったいないし・・
やっぱ浸透するまで待つしかないのかな?

と思っていたのですが

実は私がやっていたのは
間違ったキューティクルオイルの使い方でした(爆)

キューティクルオイルをべたつかない様に塗るコツ

正しい塗り方をすれば、キューティクルオイルはべたつかないです。
この方法でキューティクルオイルを塗れば、いままでのベタつきのストレスはなんだったの!?と唖然とするほど、あっという間にサラサラになります。

なな
なな
では、正しいキューティクルオイルの塗り方を早速お伝えしますね!

キューティクルオイル塗布の仕方

キューティクルオイルを爪に塗る際、オイルを最初に付ける場所は爪、先端の内側です。

爪の白い部分が長い場合は、爪の内側
爪の白い部分が短い(あるいは無い)場合は、爪と皮膚の間

親指から小指の爪に一滴ずつ、オイルをちょんちょんと置くイメージで塗布します。

キューティクルオイルの塗り方 オイルを付ける位置

なな
なな
爪の内側からオイルを垂らすことで、爪の横側にオイルが這う様に流れます。これが大事なんだそうです!
スポンサーリンク

爪全体にキューティクルオイルをなじませる

爪の横にまでオイルが流れていることを確認できたら

キューティクルオイルの塗り方 オイルはささくれができる位置まで

爪の表面側にもキューティクルオイルが付くように、両手とも指先の第一関節あたりまでマッサージします。

両手の指先同士をこすり合わせる様に、爪表面から甘皮までオイルを揉み込みます。

これで、爪の全面にキューティクルオイルが塗布できました。

キューティクルオイルのベタつきを一瞬で無くす

この段階で、指先はキューティクルオイルでベタベタになっています。
でも、大丈夫。
ここから、一瞬でオイルのベタベタ感を無くしてサラサラにします。

どちらの手でもいいので、片方の手のひらに水を少量(5滴くらい)のせ小さな水たまりを作ります。
キューティクルオイルの塗り方 手のひらに水を溜める

反対の手、キューティクルオイルが付いた指先で、手のひらの水たまりを混ぜます。

水とキューティクルオイルが混ざると乳化して馴染みが良くなるので、徐々にそのまま手全体に塗り広げていきます。

手のひら、手の甲にも化粧水やハンドエッセンスを塗るイメージで、水と乳化したキューティクルオイルを擦り込みます。

なな
なな
キューティクルオイルまみれでベタベタだった指先がサラサラになってます!これですぐに、なんでも触れる!

最初のキューティクルオイル塗布時に既に爪にオイルは浸透し(このことから浸透性の高いキューティクルオイルを使うことが大切です)さらにオイルを水と乳化させて塗り広げるので、手全体がしっとり保湿されるというキューティクルオイルの塗り方になります。
今回は、ネイリストさんおすすめのOPIプロスパのキューティクルオイルを使用しました。

キューティクルオイルは一日何回塗るのがベスト?

特に回数に決まりはないとのことでしたが
爪が弱くて割れやすい方や、爪をきれいに伸ばしたいという(育爪したい)場合は1日少なくても5回は塗るのがいいそうです。

爪の横にささくれができる、小爪ができるという場合も同様にキューティクルオイルを1日5回以上塗ることを続けていくと改善がみられるとのことでした。

なな
なな
1日に5〜10回塗るのが目安だそうですが、このキューティクルオイルの使い方なら、所要時間1分で塗れちゃいます。塗った後べたつきもないので、これならできると思いました!

また、1日のうちに5~10回塗ると聞くと、コンスタントに数時間置きに塗り直す必要があるの?と思いましたが、それが難しいようであれば、まとまった時間(例えば夜のくつろぎタイム中など)が取れたタイミングに10分置きに5回という様な塗り方でも良いそうです。

なな
なな
塗った回数が重要だそうですよ!

キューティクルオイルの正しい使い方を知って・・

私は今まで、爪の表面側からキューティクルオイルを塗布していたのですが
キューティクルオイルは爪の内側から塗布するということに驚き・・

1番気になっていたオイル塗布後のベタつきに関しても、一瞬にして解消される使い方があったことに衝撃を受けました。

これを知ってから、ベタベタすることが嫌でめんどうに思っていたキューティクルオイルを使った指先ケアが一気に楽しいものに変わりました。

なな
なな
自分の勝手な判断で間違った使い方をしていましたが、正しい使い方がわかってよかったです!

指先や爪は、意外と人の目につきやすいポイントです。
キューティクルオイルを使った簡単ケアで、自慢できるくらい綺麗な指先になれるといいですね。

スポンサーリンク
七色便り綴り人
なな

田舎生まれ、田舎育ち、関東在住
気の向くままに
明日もしかしたら誰かの役にたつかもしれないことを
色々綴っています。

特にスピリチュアルな人間ではなけど、神社を好みます。
(お手伝い程度、巫女経験あり)
神様と対話ができる方を羨ましく思う今日この頃。

ななをフォローする
コンプレックス
ななをフォローする
七色便り

コメント

タイトルとURLをコピーしました